Ruby on Railsエンジニア

Tokyo /
ja – Engineering /
Full-time remote
| QAのグローバル市場

市場の変化が激しい昨今、ソフトウェアを素早くリリースすることが求められており、アジャイル開発が主流となってきました。実際にグローバルでは92%がアジャイル開発を採用しており、そのうち71%が週一回以上のリリースを希望しています。そのようなサイクルでは、人手の検証作業は時間がかかりすぎるため、自動化への移行が急務となっています。私たちのサービスは、そのような重大課題を解決し、顧客のソフトウェア開発における競争力を高めることができます。QAのグローバル予算は120兆円にも登ると言われており、私たちはこの巨大なグローバルマーケットを勝ち取るため、日本のみならず海外への早急な展開をしていきます。

| Autifyについて

Autify, Inc.は、米国トップアクセラレーター「Alchemist Accelerator」を日本人チームとして初めて卒業した、サンフランシスコ創業のスタートアップです。私たちは「技術の力で人々の創造性を高める」をミッションとして掲げ、AIを用いたソフトウェアのテスト自動化プラットフォーム「Autify」を開発・提供しています。

Webアプリケーションを対象としたテスト自動化プラットフォーム「Autify for Web」を2019年10月に正式リリースして以降、通算顧客数300社以上を超えプロダクトが成長し続けており、テスト自動化プラットフォームに求められる基本的な機能については一通り提供できている一方で、顧客からはたくさんの機能追加・改善の要望が届いています。さらに、モバイルアプリケーションのテスト自動化プラットフォーム「Autify for Mobile」も2021年10月正式リリースし、プロダクトラインナップも拡張を続けています。

| ポジションについて

募集背景

機能実装を通じて更なる成長の実現をするため、Autifyプロダクトにおける信頼性の高いテスト実行の仕組みを開発・改善を担当するRuby on Rails に特化したバックエンドエンジニアの増員を目的とした募集をしています。

主な業務内容

    • Ruby on Railsを利用したWebアプリケーション開発
    • Selenium、Webdriverなどを利用したE2Eテスト自動化バックエンドの構築
    • AWS、コンテナ、Terraformなどを利用したインフラ開発

必須要件

    • バックエンド、インフラを含むWeb開発経験合計3年以上
    • Ruby on Railsでのバックエンドの開発経験1年以上
    • Docker, Kubernetes などのコンテナサービスを活用したインフラ構築経験1年以上
    • ドキュメントを読解できるレベルの英語力
    • 入社後、積極的に英語力を向上する意思があること

歓迎スキルや経験

    • React, Vue.js, Angular などのJavaScriptフレームワークを利用したフロントエンドアプリケーションの開発経験
    • AWSのコンポーネントの選定など技術選定やシステムアーキテクチャの設計経験
    • SeleniumやAppiumを用いたE2Eテスト自動化経験
    • アジャイルやスクラムを取り入れたモダンな開発経験
    • ISTQB/JSTQB保持

求める人物像

    • ユーザーの立場になって課題と向き合え、共感できる
    • 他のエンジニア、デザイナー、プロダクトリードと連携し、パフォーマンス、セキュリティ、信頼性を考慮しながら、さまざまな機能を実装することができる
    • 同様の観点で、自ら改善できる機能を特定し、既存のサーバサイドやインフラの仕組み、コードの品質、CI/CDパイプラインなどを改善し今後の開発を円滑にする取り組みができる
選考プロセス

1. オンラインコーディングテスト
2. 技術課題提出
3. 技術面接+人事面接
4. 最終面接

| エンジニアリングチームについて

チーム構成
Autifyのエンジニアチームは、CTO含め11名のエンジニアと1名のデザイナーで構成されています。半分近くが外国籍のエンジニアで、開発者は全員英語話者という国際色豊かなエンジニアリングチームです。メンバー同士のバックグラウンドを尊重し合える良いカルチャーを形成しています。

CTO、プロダクトリード2名、フロントエンドエンジニア2名、バックエンドエンジニア2名、MLエンジニア1名、UI/UXデザイナー1名、テスト自動化スペシャリスト1名、テクニカルサポートエンジニア1名で構成されています。プロダクトリードが大まかなロードマップを策定し、各機能や不具合修正の詳細をエンジニアやデザイナーと詰めてから、実装を行っています。

開発の進め方
「どのような機能を作るか」については事前にチケットとして作成しておきます。ユーザーからのフィードバックを元にプロダクトオーナーが作るときもあれば、バグや調査依頼などを各チームが直接作る場合もあります。

開発サイクルは2週間を1スプリントとして行います。開発タスクの割り当てはスプリントの初日に行うスプリントプランニングの中で決定し、全体の進捗感や困っていることなどを毎日昼のデイリースタンドアップで確認しています(時差の関係で昼に行っています)。

コードレビューはGitHub上で行います。レビューが終わり、マージされたブランチはステージング環境に自動的にデプロイされ、E2Eテスト(Autify自身で行っています)が実行されます。

統合ブランチでのテストが完了したら本番環境にデプロイを行います。デプロイは週に数回、任意のタイミングで行っています。開発した機能は、スプリントごとに開発者自身が全社員に対してデモを行います。

技術カルチャー/支援
- 技術選定について裁量がある
- 新しい技術を積極的に採用している
- 技術的負債に積極的に取り組んでいる
- 技術スキルアップ支援(学習サポート手当)がある
- 希望スペックPC、外部出力モニター等は会社から貸与可能

技術スタック
- バックエンド:Ruby, Ruby on Rails, Go
- フロントエンド:JavaScript, TypeScript, React, Redux, Styled Components
- 機械学習: Python
- データベース:PostgreSQL, Redis
- テスト:Jest, Selenium, WebdriverIO, Puppeteer
- インフラ:AWS, Docker, Terraform, Packer, MacStadium
- 監視:New Relic, Sentry, Papertrail, Datadog
- CI/CD:  CircleCI, GitHub action
- ソースコード管理:GitHub
- プロジェクト管理:ClickUp
- その他:G Suite, Slack, Notion, Gather, Zoom, Miro, 1Password, Mixmax, Calendly等

| 雇用条件

雇用形態
- 正社員
- 試用期間:入社後3ヶ月(本採用と同条件)

勤務地
- 原則、自宅からのリモートワーク

勤務時間
- フルフレックスタイム制度(コアタイム、フレキシブルタイムなし)

給与
- 700万円 - 1200万円
- 年2回見直し

ストックオプション
- 0.04% - 0.12%

賞与
- 年2回支給

休日/休暇
- 完全週休2日制(土日、祝祭日、年末年始 等)
- 有給休暇、病気休暇、慶弔休暇、子の看護休暇、介護休暇 (全て有給)

福利厚生
- 各種社会保険完備
- 定期健康診断
- ストックオプション制度
- 入社時に希望のノートPC貸与
- リモートワーク設備費用一部支給
- 英語学習/スキルアッププログラムサポート
- ビザサポート

| 参考資料

Autify公開情報