インフラエンジニア / Site Reliability Engineer

Tokyo/東京都
Engineer
Full-time

当社のSite Reliability Engineerはサービスが24時間365日安定的に稼働するようにすることに加え、プロダクトの技術的進化をCTO直下で事業部横断で行うR&Dのミッションを担っています。 
障害対応や運用業務などに携わる時間は業務全体の50%以下。運用よりもR&Dにフォーカスしています。
プロダクトの信頼と進化を作る「攻めのSRE」チームで活躍してくれるエンジニアを募集しています。


当社におけるSREの定義
・Siteが正常に動作しているかだけではなく、サービスそのものがサービス提供者 & 利用者の期待した通りに動いているということを担保する
・善良な利用者が悪意を持たずサービス利用した結果、利用者の意に沿ったサービスの動作が常にするようにする
・Softwareが完全に正しく動作していたとしても、善良な利用者が期待した結果とサービスの動作が乖離した場合はService Reliabilityが担保されてるとはいえない
・Service Reliabilityを担保するための技術基盤を構築し、サービス担当部署を支援することで会社全体のService Reliabilityを担保する

具体的な業務内容
・開発確認環境の刷新
・適材適所のコンテナ化
・突然のスパイクにも対応出来る、負荷に応じて瞬時にスケールするインフラ
・100億 pv/day のログを解析する基盤の構築
・100億 pv/day をリクエストを処理するインフラ

このポジション、あなたにこんなメリットを提供します!
・プロダクト横断で今後必要になる技術基盤をR&Dしていく、発想次第で出来る仕事は無限大です
・会社の将来の技術的優位性を0からの発想で作っていく環境をご用意します 
・事業/プロダクトの優位性を本当に作れる技術にするために、CTOが並走します

チームについて
・当社のインフラエンジニアは Site Reliability Engineer (SRE)と呼ばれています。
・約10名ほどのエンジニアが「Kaizen Platform」をはじめ新規事業開発も行なっています。
・ゲーム開発や自社サービス開発、Web制作の開発などプログラマー/SEとしてさまざまな経験をもつエンジニアが在籍しています。数十億のビックデータを取り扱ったSREもいます。
・隔週金曜日のランチ時間帯にエンジニアチームの勉強会があり順番にメンバーが発表しノウハウ共有するなどチームでのコミュニケーション手段もさまざまあります。
・海外で行われているカンファレンスにも自主的にいくなど、新しい技術やデバイスに興味のあるメンバーが多く、会社としてもそういった情報updateを推奨しています。

必須スキル・経験

    • AWS等のCloud Infrastractureの一般的な知識と経験 (業務でどこまでやってるかは応相談) 
    • Managed Solutionを組み合わせて最短距離かつ最小運用コストでプロダクトの基盤となるミドルウェアを構築できる知識と能力(具体例 : データ解析基盤等) 
    • プロダクトの課題を吸い上げて複数プロダクトで横断的に利用できるようにする設計能力

歓迎するスキル・経験

    • SRE全体でのコスト最適化と1〜3年を見通した技術投資に対する検討することができる方

こんな方にはfitする環境です!

    • インフラエンジニアやってるんだけどもっとプロダクトに直結する仕事がしたい 
    • プロダクトづくりが好きなんだけど技術にもっとフォーカスして追いかけたい

その他

    • 勤務地:日本 - 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル10階
    • 雇用形態:正社員
    • 給与:年俸 500万円〜1000万円(前年収/現年収を考慮し弊社給与水準に合わせ決定させていただきます)
    • 賞与:インセンティブ報酬(業績目標達成率 100%以上で個別に支給いたします)
    • 昇給時期:年2回人事評価により報酬改定
    • 交通費支給:1ヶ月分の通勤定期代支給
    • 各種保険:雇用保険、健康保険(関東ITソフトウェア健康保険組合)、厚生年金、労災保険
    • ストックオプション制度あり
    • 休日休暇:土曜日及び日曜日、国民の祝日及びその他会社が休日と定めた日、年末年始休暇、年次有給休暇
    • 試用期間:3ヶ月
    • その他:リモートワーク推奨(フルリモートワークは条件あり)

Kaizen Platformについて
2013年3月設立。
リクルートで最年少エグゼクティブとしてアドテクノロジーの部門をリードしてきた須藤憲司をはじめとする経験豊富なメンバーにより創業しました。
Webサイト最適化のオンラインツールと、UI改善案を出し続ける高度なスキルを持ったグロースハッカーのネットワークから成る「Kaizen Platform」を開発し提供しています。
マーケターが継続的な改善活動に取り組むための「テクノロジー」と「人の知恵」により、顧客の経営改善を実現します。

Kaizen Platformのビジョン
我々は「個人の才能と情熱を解放するような働き方が選べる世界を実現したい」と考えてKaizen PlatformというクラウドソーシングのPlatformを立ち上げました。

そのためにもPlatform上に蛇口をひねれば水が出るように溢れんばかりの仕事があり、
潤沢に人が創意工夫を発揮し活躍する場を作る必要があります。

「ABテスト」とテストに使用する「デザイン」をお客様に提供させていただくサービスからスタートし、
現在は「お客様の事業を改善」できるサービス提供に進化を遂げようとしています。
この変化は、お客様の事業やサービスをマーケティング領域から支援していく中で
"お客様はWebページの改善をしたいわけではなく、事業の改善をしたいんだ" という気づきから提供価値を進化させています。

事業改善を実現するためには、お客様自身も気づけていないかもしれない事業の根本的な課題をデータ分析などを通じて発見する必要があります。
また、課題を見つけるだけでは事業の改善につながりません。
具体的な改善プランを立案し、それを実行して最終的な事業改善の成果につなげていきます。

我々は、世界No.1の「Kaizen屋」を目指してお客様の事業改善ソリューションの提供をし続け、拡大していきます!

今後は更に、世界中で改善したい人がビジネスできるエコシステムを作るために、Platformとして多くのパートナー様との連携等を通じてよりダイナミックな事業拡大をしていきます。