【正社員】アプリケーションエンジニア

Tokyo/東京都
Engineer
Full-time
当社のアプリケーションエンジニアは、プロダクトが目指すべきものを理解して、各機能に必要な技術要件を導出し、実装を通じて実現していきます。
プロジェクト/機能の成果物がプロダクトのGoalを実現するものであることは、アプリケーションエンジニアが誇りを持って実現することだと考えます。

【具体的には】
プロダクトのサーバサイドシステム(RESTAPI、バッチ処理系、ログ計測システムなど)や顧客Webページに導入するJavaScriptコード、必要に応じてSPA/JSfrontendappの実装まで、幅広く、適正に応じた領域の開発担当していただきます。

ただ、開発を進めるだけでなくプロジェクトのアウトプットがプロダクト期待値を満たすかどうかを理解して、そのために必要な技術要件を導出し、実現のための技術選定(納期、品質を考慮した技術選択とデザインができるまでお任せをしていきます。
実力に応じて、実装難易度の高いプロダクトコア部分の実装も担当していただきます。

・Webサイト分析ダッシュボードの開発
・PDCAダッシュボードの利用データ分析とリニューアル開発
・広告Creative改善Productの立ち上げ

【開発環境】
■言語:javascript/python-2.7/ruby/golang
■フレームワーク:ruby-on-rails
■データベース:amazon-rds
■ソースコード管理:git
■プロジェクト管理■:jira/asana/github
■情報共有ツール:slack/qiita-team
■その他:gcp/graphql/circleci/nodejs/docker/dynamodb/capistrano3/apache-spark/amazon-ecs/embilk/amazon-ec2/amazon-sqs/aws-emr/ruby-on-rails-4/mysql5.6

【お問い合わせ】
ページ下部の応募フォームよりご応募ください。
また、事前にご質問などある場合は、recruit@kaizenplatform.com (採用担当宛)にお問い合わせいただいても構いません!お気軽にお問い合わせください。

必須スキル・経験

    • プロダクトの開発経験(開発言語不問)

歓迎するスキル・経験

    • 大規模トラフィック前提の設計・開発経験 
    • スクラムなどによるアジャイル開発の経験 
    • Ruby on Rails (もしくはそれに近いWebアプリケーションフレームワーク) の利用経験 
    • 自動テストを伴う開発経験

条件/福利厚生

    • 勤務地:日本 - 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル10階
    • 雇用形態:正社員
    • 給与:年俸 500万円〜1000万円(前年収/現年収を考慮し弊社給与水準に合わせ決定させていただきます)
    • 賞与:インセンティブ報酬(業績目標達成率 100%以上で個別に支給いたします)
    • 昇給時期:年2回人事評価により報酬改定
    • 交通費支給:1ヶ月分の通勤定期代支給
    • 各種保険:雇用保険、健康保険(関東ITソフトウェア健康保険組合)、厚生年金、労災保険
    • ストックオプション制度あり
    • 休日休暇:土曜日及び日曜日、国民の祝日及びその他会社が休日と定めた日、年末年始休暇、年次有給休暇
    • 試用期間:3ヶ月
    • その他:リモートワーク推奨(フルリモートワークは条件あり)
【会社概要】
リクルートで最年少エグゼクティブとしてアドテクノロジーの部門をリードしてきた須藤憲司をはじめとする経験豊富なメンバーにより創業しました。
Webサイト最適化のオンラインツールと、UI改善案を出し続ける高度なスキルを持ったグロースハッカーのネットワークから成る「Kaizen Platform」を開発し提供しています。
マーケターが継続的な改善活動に取り組むための「テクノロジー」と「人の知恵」により、顧客の経営改善を実現します。

下記も合わせてご確認ください。

企業情報
経営危機を乗り越えたKaizen Platformの現在地、そして叶えたい夢

【配属予定部署について】
・約15名ほどのエンジニアが「Kaizen Platform」をはじめ新規事業開発も行なっています。
・ゲーム開発や自社サービス開発、Web制作の開発などプログラマー/SEとしてさまざまな経験をもつエンジニアが在籍しています。
・隔週金曜日のランチ時間帯にエンジニアチームの勉強会があり順番にメンバーが発表しノウハウ共有するなどチームでのコミュニケーション手段もさまざまあります。
・海外で行われているカンファレンスにも自主的にいくなど、新しい技術やデバイスに興味のあるメンバーが多く、会社としてもそういった情報updateを推奨しています(勤務扱いとして参加推奨しています)。

まだまだ少数精鋭のチームでサービス開発を行いたい方のご応募をお待ちしております!